ホーム » コスメ » チークを選ぶときの基準とは?

チークを選ぶときの基準とは?

チークを選ぶときの基準になるのは、自分の肌の色です。他の子のメイクを見て可愛いとか綺麗と思っても、自分の肌の色と違えばまるで合わないということを理解しておきましょう。日本人は黄色人種だと言っても、細かく分類すれば色んな色の肌の人がいます。「青白い」、「ピンクっぽい色白」、「標準的なオークル」、「黒めのオークル」というような感じです。
青白い肌の人は、何もなくても体調が悪そうに見えるので、チークで血色の良さを演出できる「アプリコット」がオススメです。血色の好い色白のピンク肌の方は、「ピーチ系のピンク」がオススメです。色白の場合、派手めや濃いめのメイクは相性が悪いので薄めの色をふんわり乗せるのがオススメです。標準的なオークルの場合、「オレンジ」や「イエロー」の入ったチークが肌の色に馴染んで肌が綺麗に見えます。ピンク系のチークも使いたいという場合も、オレンジ色の入ったピンクを使うのがオススメです。黒めのオークル肌の場合、明るめの色がオススメです。コーラルピンク、サーモンピンク、ピーチピンク、コーラルオレンジ、ベージュ、ブラウンなどが相性が良いです。

化粧下地おすすめ