ホーム » 化粧水 » 化粧水はなぜ使う必要があるの?

化粧水はなぜ使う必要があるの?

化粧水はなぜ使う必要があるのかというと、皮膚を保湿しながら、肌質を整えて滑らかにする効果があるからです。肌は放置しておくと角質層から水分が蒸発しやすい状態になるので、化粧水で潤ってやる必要があります。肌が乾燥すると、毛穴が開きやすくなり、肌のキメが乱れます。肌トラブルの原因になるので、化粧水でそれを防いでやる必要があるのです。
化粧水を肌に塗布すると肌に水分が補給されるので、洗顔でアルカリ性に傾いた肌を弱酸性に戻すことができます。化粧水の役割は、肌に水分を与え、潤いを保つというもので、化粧水を使うと肌がしっとりして落ち着いてきます。次に来る美容液などの成分を導入する役割も化粧水にはあります。美容液や美容クリームなどを肌に浸透させる際、化粧水を事前に使用すると、浸透が良くなる効果があります。美容液などのなじみがよくなり、肌の状態がよくなるのです。パッティングによる肌の活性化効果もあります。100回以上パッティングすると、肌の状態が劇的によくなり、毛穴が目立たなくなり、モチモチの肌状態になります。

乾燥肌におすすめの化粧水特集ページ